読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITの隊長のブログ

ITの隊長のブログです。いや、まだ隊長と呼べるほどには至っていないけど、日々がんばります。CakePHPとPlayFrameworkを使って仕事しています。最近はAngular2をさわりはじめたお(^ω^ = ^ω^)

vmware esxi でHDDを追加する方法

vmware

スポンサードリンク

案件で苦しみました。なんせ初めての仮想化です。

Vmwareとか知っていましたが、使い方わからへん(´・ω・)

色々転んだ件については後日書き込む予定です。

今の状況としまして、一台のホストサーバにどっかからもってきた
HDDを追加しようとして、データストア化しようとしたけどエラーとなりました。

何故?と思っていたんだけど、どうやらHDDにすでにデータが入っていて
ファイルシステムが違うとフォーマットできないっぽい

今回はホストサーバ(Esxi)を使って、HDDのフォーマットを行いました。
メモメモ(;`・ω・)




1.ハイパーバイザーにログイン

ssh を許可すればsshでログインできます。
それができれなければ、コンソールでシェルを立ちあげて作業してください。
SSH接続の場合もシェルの立ちあげが必要です。


2.接続されているHDDの確認

今回利用していたDiskは1つだが、もう1つ追加した(さらばXP)
実はXPがインストールされているPCからHDDをパクったのだった

コマンド「esxcfg-scsidevs -l」を実行し、現在接続されているHDDを確認する。

$ esxcfg-scsidevs -l

結果
なんか色々ばぁーって出てきた

t10.ATA_____Hitachi_HTS542516K9SA00_________________080130BB0310WCJW6B0A
   Device Type: Direct-Access 
   Size: 152627 MB
   Display Name: Local ATA Disk (t10.ATA_____Hitachi_HTS542516K9SA00_________________080130BB0310WCJW6B0A)
   Multipath Plugin: NMP
   Console Device: /vmfs/devices/disks/t10.ATA_____Hitachi_HTS542516K9SA00_________________080130BB0310WCJW6B0A
   Devfs Path: /vmfs/devices/disks/t10.ATA_____Hitachi_HTS542516K9SA00_________________080130BB0310WCJW6B0A
   Vendor: ATA       Model: Hitachi HTS54251  Revis: BBCA 
   SCSI Level: 5  Is Pseudo: false Status: on        
   Is RDM Capable: false Is Removable: false 
   Is Local: true  Is SSD: false 
   Other Names: 
      vml.010000000030383031333042423033313057434a5736423041486974616368
   VAAI Status: unknown
t10.ATA_____ST3500418AS_________________________________________9VMGPWHV # これが追加${HDD_ID}
   Device Type: Direct-Access 
   Size: 476940 MB
   Display Name: Local ATA Disk (t10.ATA_____ST3500418AS_________________________________________9VMGPWHV)
   Multipath Plugin: NMP
   Console Device: /vmfs/devices/disks/t10.ATA_____ST3500418AS_________________________________________9VMGPWHV
   Devfs Path: /vmfs/devices/disks/t10.ATA_____ST3500418AS_________________________________________9VMGPWHV
   Vendor: ATA       Model: ST3500418AS       Revis: CC45 
   SCSI Level: 5  Is Pseudo: false Status: on        
   Is RDM Capable: false Is Removable: false 
   Is Local: true  Is SSD: false 
   Other Names: 
      vml.010000000020202020202020202020202039564d4750574856535433353030
   VAAI Status: unknown

対象のHDDの状況確認の方法もある。

$ partedUtil get ${HDD_ID}


3.パーティションを削除

よくわからないけど、削除するものは複数あるっぽい
一度数を確認してからdelete

$ partedUtil delete /dev/disks/${HDD_ID} 1
$ partedUtil delete /dev/disks/${HDD_ID} 2 
$ ...

これで、クライアントツールからフォーマットできた。