読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITの隊長のブログ

ITの隊長のブログです。CakePHPとPlayFrameworkを使って仕事しています。最近はAngular2をさわりはじめたお(^ω^ = ^ω^)

【virtualenv】っしゃ!!ついに入ったぜぇえええ!!!

www.aipacommander.com

あれから結局意味不明なエラーを吐いて解決しませんでした。

が! 本日ついにinstallすることができました!!!

まずpyenvでエラーが出るvirtualenvのpythonをuninstallして、再度installします。このとき環境変数を変更してあげてinstallしましょう。

$ pyenv uninstall 2.7.9
$ PYTHON_CONFIGURE_OPTS="--enable-unicode=ucs2" pyenv install 2.7.9

installできたら、virtualenvを実行してみましょう。

$ virtualenv new-python
...
Installing setuptools, pip, wheel...done.

Foooo!!!!

参考 github.com

やる気の出し方がよくわからん

その他

今日1日やったこととして

  • ちょっとした仕事 10%
  • Angularのお勉強 20%
  • 動画鑑賞(というかダラダラ) 70%

ずっと横だったり、猫背だったりしてちょっと腰いたい。来週はどっかで走らなきゃやばい。

ほとんどダラダラしていたんだけど、せっかくオールで休みだから有益につかわなきゃ!と思うわけですよ。前読んだ本にもそう書いてあった。

www.aipacommander.com

明日死んでもいい。なんて、絶対言えない過ごし方をしたわけです。朝なんて、本を手にとって、「あー、どこまで読んだっけ?」でやる気をなくし本を置き、洋書の技術書を開いて、Angularを勉強しようとしたら、英語読むのがだるくて、これも結局手付かずだったわけです。

んで、だらだらーだらだらと時間を過ごしていたんだけども、21時ぐらいだったかな? 「あー、勉強しないと」なんて急に思い出して、ng initとコマンドうって、ちょっとやってみたんですよ。「あー、ここはあれしなきゃいけない。めんどくせーなー」なんて思っているけど、何故かタイプし続けるんですよね。んで、色々ハマってハマって、まぁここまでいいでしょ。と、終わったのが先ほど25:00。もう夜中なわけです。

あっという間でした。でもこれって朝やるべきじゃない? せっかく朝早く起きてスッキリした状態なのに、もったいないと思ったわけです。

でも、この後悔って、これまで何度も思ってきたことでもあるわけで、多分よほどなことが無い限り、治らないんじゃないかなー。

うーん。せめて、このよくわからないやる気が昼ぐらいに発火してくれないかな。

習慣つけろ!ってよく本に書いてあるけど、なんかまだ実感したことがないなぁー。はぁ。

おやすみ。

【Angular】コンパイルエラー 「@types/jasmine/index.d.ts」

Angular Angular2 TypeScript
ERROR in [default] /Users/user/node_modules/@types/jasmine/index.d.ts:39:37 
A parameter initializer is only allowed in a function or constructor implementation.

ERROR in [default] /Users/user/node_modules/@types/jasmine/index.d.ts:39:45 
Cannot find name 'keyof'.

ERROR in [default] /Users/user/node_modules/@types/jasmine/index.d.ts:39:51 
'=' expected.

いつもの通りにAngular cliを使って、ng init && ng serveとかでコンパイルしたら上のエラーが発生した。

なんぞこれ? なんか実装ミスった?

わかりやすそうなメッセージは「A parameter initializer is only allowed in a function or constructor implementation.」だと思ったから、これでググッたところ、typescriptのエラーだって。よくわからん。

で、泣きそうになっていたら、下記issueを発見。

github.com

おうおうおう。

A workaround that I’ve found is to change to version 2.5.41. I guess that the problem is in the last update of the jasmine typings

ありがたい。さっそくpackage.jsonjasmineのバージョン箇所を書き換える。

^2.2.30となっているはず。これを2.5.41へ変更する。

  "devDependencies": {
    "@types/jasmine": "2.5.41",

これで、npm installをタイプしてアップデートすればおk.

ふぅ。1時間orz.

【Angular2.x】bodyタグにclassを追加・削除したりする

Angular Angular2

Angularでは、Component外のDOMにアクセスする方法は用意されていないらしい。

なので、色々ググってみてやりかたをみているとhackっぽくて

  1. ‘body'というセレクタを持つComponentを作る
  2. Angularのライブラリをhackしてアクセスできるようにする

という感じ。うーん。どうしたもんか。

単純にdocumentから取れんのか。。。取れた!?

let body = document.getElementsByTagName('body');
body[0].classList.add('added-class-name');
body[0].classList.remove('remove-class-name');

これだけみると普通のJavaScriptですが、Angularのコード内でやっているからちょっと違和感ある。

うん。修正することができました。でもこんな記事みたこと無いけどな。やっちゃダメなのかな?

【読書メモ】未来を拓く君たちへ

書評

仲の良い同僚から、この本オススメ!といい、借りて読みました。1時間ぐらいで読めると思います。

未来を拓く君たちへ (PHP文庫)

未来を拓く君たちへ (PHP文庫)

ぶっちゃけると、私が読む本ってだいたいエンジニア向けなので、あまりこういう表紙の本を好んで買って読んだりしませんでした。ええ、食わず嫌いってやつです。

で、感想なんですが、すごく面白い。 目からウロコってやつですかね?

内容自体はぶっ飛んでいる内容ではありますが、ちゃんと説明を書いていることで、腑に落ちることが多く、合わせて文章も短くて短時間で読めることができると思います。すごく読みやすかったです。なんて本だ。

内容は是非読んでほしいので、目次メモだけ。

  • 「悔いの無い人生」を生きるために
  • 「満たされた人生」を生きるために
  • 「香りある人生」を生きるために
  • 「大いなる人生」を生きるために
  • 「成長し続ける人生」を生きるために

あとは感想メモ ※本の内容を模写せず、自分が記憶した内容をメモしているので、もしかすると人によっては意図の解釈が違うかもしれないので、ご了承下せぇ。

  • 「人生」は登山だって
    • 辛くてやめたくなったり、頂上と思ってまだ中間だったりと、色々キツイことがあるが、登りきるまでが人生。
    • だから人は成長し続けなければならない。止まってはいけない。
  • 「志」を持って生きよ。
    • 「志」ってなんですか? って人はまさしく読んでみるべし。私もまだ曖昧だけど、一生懸命生きようとは思った。
  • 「成功する」はわからない。でも「成長する」ことはできる。
    • これまで味わった不幸なことは、すべて「それがあったから」に置き換えることができる。そう解釈することができる。
  • 人生はいつ終わるかわからない、明日死んでしまうかもしれない。常に「死」を意識すること。
    • スティーブ・ジョブズも言っていたような気がする
    • 「過去」や「未来」にとらわれてはいけない。
    • 「死」は不安なことではない。「人生の終わり」は誰でもあるから、それを意識することで「今」という一瞬を大切に生きることができる。「今」を「生き切る」ことが大事。
  • 仕事は些細なことであっても、それがあることで人を幸せにすることができる。
    • 今やっている仕事は辛いもの? それとも誰かを喜ばせる、楽しませるもの?(搾取される意味ではないと思う)
    • 書籍では、大きな石を切断する職業(よくわからんから大工でもいいよ)の2人が話すことを例に出す
      • 一人は「この忌々しい大きな石を切るのが大変なんだ!」と話す
      • 一人は「多くの人々の安らぎの場となる、素晴らしい教会を作っているのです」と話す
    • この辺は「7つの習慣」とかでも書いてそうな話。win-winの関係とかの内容とマッチするのでは?
  • 出会う人すべては縁がある
    • 嫌な人でも、縁があって出会ってきた。出会いの縁は大切にしなければならない。
    • これだけが納得いかない点。実際にそういう人はいるが(いわゆる腐れ縁ってやつ)、私が正直にその人に向き合うことでその人も正直に答えてくれるという。そんなことってあるかなー? イメージできないorz
  • 世界を変えたいなら、一人ひとりが意識しなければならない
  • 人生の終わりは「死」ではない、「成長の終わり」

後半は話が壮大になったり、要はスケールがでかくなって「お・・・おう」ってなったりしますが、しかし前述通り、ちゃんと説明してくれるので、「?」のまま終わる本ではありませんでした。すごくいい本だと思います。今度買ってこ。(借り物なので)

未来を拓く君たちへ (PHP文庫)

未来を拓く君たちへ (PHP文庫)